■ 河内どんこう 第91号目次 平成22年6月発行
91号
河内どんこう 名前の由来
「どんこう」 とは 
鈍行−嫩黄(木の芽や若葉の黄色)(どんこう)
一歩ずつ着実に新しい芽をお互いに育てていくと
いう気持をこめて

名付け親・明石裸人氏(昭50・11・4決定)
題字揮毫 榊 莫山氏
表紙写真  かるたのある川沿いの道  平嶋 述司
第二回環山楼市民塾が修了する               西野 民夫(環山楼市民塾担当)
高安大教会 創立百二十周年に思う 松山 健治
南老原定善寺をめぐる物語 寺川 治之
特集 「かしわらの郷土史かるた」に関連して
「かしわら郷土史かるた」で見る  奈良時代の柏原 中西 隆子
聖武天皇、智識寺の盧舎那仏を礼す@  聖武天皇と盧舎那仏 棚橋 利光
一三〇〇年前にタイムスリップして  古代史ドラマ「大仏開眼」の衣装 中西 隆子
柏原の河内西国観音霊場 田村 直行
戦争遺跡を訪ねて(十三)
   大正飛行場の官舎と合宿舎 〜柏原にあった将校官舎〜
大西  進
グラビア
新・古美術 柴壺青花堂日乗(8) 尾山 宗海
青木薫の続おいしい八尾(8)  キッチン Pino (ピノ)
中河内に関連する切手・余聞  河内で出現した新型目打(めうち)の郵便切手 松枝 信一
短歌随想(二十三) 松岡 裕子
句碑めぐり 波多野 惇子
参宮常夜燈  建立初期について 下 荒井 留五郎
夜の道 摂州合邦辻 今中 宏永
伝承を訪ねる旅5 −周防・下関−  瀬戸内を行き交う人々 堀井 建市
心棒探し (二)  −地蔵巡り− 高井 雅弘
日本貨幣史で見るなにわ・おおさか その4  渡来銭 私鋳銭 銅楮 佐々木 宏之
朝鮮通信史使と高安淀藩の村々 棚橋 利光
賛助広告掲載会社名・河内どんこう販売店名・定款・役員・会員名簿